ここから本文です

〔ロンドン株式〕続落(25日)

4月26日(金)1時17分配信 時事通信

 【ロンドン時事】25日のロンドン株式市場は続落し、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比37.62ポイント(0.5%)安の7434.13で終了した。
 1~3月期の企業決算を踏まえ、業績がさえない銘柄を売る動きが中心となった。英通貨ポンドは対ドルで弱含んだが、株式相場の下支えにはならなかった。
 指数構成銘柄全体の約7割が下落した。銀行株が総じて軟調だった。
 主な個別銘柄では、業績を嫌気された金融大手バークレイズ(3.6%安)を筆頭に、同ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS、2.6%安)、同ロイズ・バンキング・グループ(1.8%安)などの銀行株が売られた。小売大手セインズベリーは同業との経営統合計画が独占禁止当局に阻止され、4.7%の大幅安。住宅大手テイラー・ウィンペイが5.4%安で下落率トップだった。
 半面、航空機エンジン製造大手ロールス・ロイスは1.3%高と締まった。製薬大手グラクソ・スミスクラインも1.0%高と堅調。石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルはA株、B株ともに0.1%高の強含みだった。(了)

最終更新:4月26日(金)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン