ここから本文です

ファナック株の売り一巡後の底堅さを見極め/オープニングコメント

4月25日(木)8時42分配信 フィスコ

現在値
ワッツ 676 +5
信和 1,003 -25
CRE 1,004 +2
クニミネ工 819 +6
日電産 13,800 -365
 25日の日本株市場は、日米決算を手掛かりとしたこう着感の強い相場展開になりそうだ。24日の米国市場ではNYダウが59ドル安となった。ノースロップ・グラマンやキャタピラーの決算が嫌気される格好となったが、取引終了後に決算を発表したフェイスブックが時間外で上昇しており、安心感につながりそうである。


 国内ではファナック<6954>がコンセンサスを大きく下回る見通しを発表しており、これが日経平均の重石となる可能性があるが、自社株買いを発表していることもあり、これがどの程度需給面での下支えとなるかが注目されるところであろう。売り一巡後の底堅さが意識されてくるようだと、日経平均も5日線レベルでの推移が続きそうである。


 昨日の日経平均は4営業日ぶりに反落となったが、強含みの動きを見せていた日本電産<6594>が一時下げに転じていたほか、決算を控えていたファナックが下げに転じており、本格化する決算を前に積極的なポジションは取りづらいといったところであろう。とは言え、機関投資家は動きづらいものの、個人主体の売買については短期的とは言え、決算を評価した物色が目立っている。


 また、積極的なポジションは取りづらい需給状況の中、先回り的な動きも限られていたこともあり、良好な決算に対してはギャップ・アップで始まった後も、高値圏での底堅い値動きをみせている。そのため、全体としてはこう着感の強い相場展開が続いているとはいえ、需給状況は悪くないであろう。主力大型株の決算は手掛けづらいだろうが、中小型株については決算評価の流れが強まりやすそうである。


 本日はIPOが2社あるほか、前日に寄り付かなかった1社を含めた、直近IPO銘柄などの動向が注目される。また、大引けでTOPIXのリバランス需給が発生するが、買い需要ではソフトバンク<9434>、信和<3447>、クニミネ工業<5388>、ワッツ<2735>など。一方で、売り需要では任天堂<7974>、シーアールイー<3458>、ランビジネス<8944>となる。


 その他、米市場の「FANG」が再び勢力を増していると報じられている。大手資産運用会社は「FANG」銘柄(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルの親会社アルファベット)などハイテク株に再び買いを入れ始めたと伝えている。和製版FANGとなる「SUNRISE」株への見直しも意識されそうだ。《AK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:4月25日(木)8時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン