ここから本文です

イビデンが急騰し年初来高値、営業利益が超過達成で大幅増益を予想

4月25日(木)14時41分配信 モーニングスター

現在値
イビデン 1,683 +2
 イビデン <4062> が急騰。24日引け後の決算発表で、19年3月期の連結営業利益が減益ながら従来予想を超過し、20年3月期に大幅増益を見込んだことが好感されている様子。株価は前日比208円高の2007円まで値を上げ、22日の年初来高値1829円を更新している。

 19年3月期は、売上高2911億2500万円(前期比3.1%減)、営業利益101億3700万円(同39.3%減)で、営業利益は従来予想を1億3700万円超過した。「電子事業」は、サーバー向けを中心に新分野および新規顧客向けの販売が伸びる中、営業利益25億3300万円(同3.0倍)と好調に推移したが、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)が欧州を中心としたディーゼル乗用車比率低下による影響を受けたことで、「セラミック事業」が営業利益29億6600万円(同71.8%減と失速。全体の重しとなった。

 一方、続く20年3月期は、5G(第5世代移動通信システム)およびIoT(モノのインターネット)の普及によるデータセンター市場の拡大、およびAI(人工知能)・車載市場の拡大、排ガス規制の強化による新興国の大型車市場の拡大などへの対応により、売上高3000億円(前期比3.0%増)、営業利益170億円(同67.7%増)と大幅な増益を見込んでいる。

 午後2時41分現在の株価は180円高の1979円。

提供:モーニングスター社

最終更新:4月25日(木)14時41分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン