ここから本文です

【ディーラー発】カナダドル売り一時強まる(NY午前)

4月25日(木)1時06分配信 セントラル短資FX

BOCは政策金の据え置きを発表。ただ、声明で利上げに関する文言を削除したことが材料視されマーケットはカナダドル売りで反応すると、カナダ円が82円66銭付近まで急落、ドルカナダが1.3521付近まで上伸する場面がみられた。また、ユーロの売りは継続、対ドルで一時1.1180付近まで、対円で125円04銭付近まで続落。一方、ドル円は米債利回りの低下に伴い111円68銭付近まで下落したものの、売り一巡後は111円83銭付近まで持ち直し序盤の下げ幅を埋めた。1時05分現在、ドル円111.825-828、ユーロ円125.110-114、ユーロドル1.11879-882で推移している。

最終更新:4月25日(木)1時06分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン