ここから本文です

日銀がフォワードガイダンス変更、直後に円債先物上昇=東京市場

4月25日(木)13時11分配信 ロイター

 4月25日、午後の東京市場では、日銀がフォワードガイダンスを修正したことを受け、国債先物が一段高となった。写真は都内の日銀本店。2015年10月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
拡大写真
 4月25日、午後の東京市場では、日銀がフォワードガイダンスを修正したことを受け、国債先物が一段高となった。写真は都内の日銀本店。2015年10月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
[東京 25日 ロイター] - 25日午後の東京市場では、日銀がフォワードガイダンスを修正したことを受け、国債先物が一段高となった。中心限月6月限<2JGBv1>は一時、前営業日比16銭高の152円82銭まで上昇した。

外為市場と株式市場での反応は限定的。現行政策の維持の期間について、「当分の間」との表現に加えて「少なくとも2020年春ごろまで」との記述を追加した。ドル/円<JPY=EBS>は111.95円から111.92円まで小幅下落した後、112.02円付近まで買い戻された。

日経平均<.N225>はほとんど反応しなかった。

(田巻一彦)

最終更新:4月25日(木)13時11分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン