ここから本文です

京進は調整一巡、19年5月期大幅増益予想で3Q累計順調

4月25日(木)9時34分配信 サーチナ

京進<4735>(東2)は学習塾事業を主力として、語学関連事業、保育・介護事業も展開している。19年5月期大幅増益予想である。第3四半期累計は順調だった。
拡大写真
京進<4735>(東2)は学習塾事業を主力として、語学関連事業、保育・介護事業も展開している。19年5月期大幅増益予想である。第3四半期累計は順調だった。
現在値
京進 905 -15
 京進 <4735> (東2)は学習塾事業を主力として、語学関連事業、保育・介護事業も展開している。19年5月期大幅増益予想である。第3四半期累計は順調だった。通期も好業績を期待したい。株価は高値圏から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
 
■学習塾事業を主力に語学関連事業と保育・介護事業も展開
 
 京進小中部、京進高校部、京進e予備校、個別指導の京進スクールワンなどの学習塾事業を主力として、語学関連事業、保育・介護事業も展開している。
 
 18年5月期売上構成比は、学習塾事業58.4%、語学関連事業11.9%、保育・介護事業29.7%だった。18年5月期末の事業拠点数は学習塾事業338事業所、語学関連事業20校、保育園63園、介護事業40ヶ所である。
 
 なお収益面では学習塾事業において季節変動要因がある。受験生の卒業で生徒数が変動するため、新学期を迎える春季が最も低下し、その後増加していく傾向が強い。また季節講習も影響して四半期業績に変動が生じる。
 
■19年5月期大幅増益予想で3Q累計順調
 
 19年5月期連結業績予想は、売上高が18年5月期比8.0%増の193億59百万円、営業利益が34.3%増の5億50百万円、経常利益が27.4%増の5億80百万円、純利益が20.2%増の5億93百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比10.9%増の152億79百万円、営業利益が7.8%増の10億46百万円、経常利益が15.2%増の11億04百万円、純利益が6.7%増の6億12百万円だった。学習塾事業は夏の悪天候の影響で微減益だったが、生徒数は順調に増加した。語学関連事業は顧客数の増加で黒字化した。保育・介護事業は人件費増加で減益だが、新規事業所開設で大幅増収だった。
 
 第3四半期累計は概ね順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は2月の上場来高値1547円から反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。4月24日の終値は1039円、今期予想連結PERは約15倍、時価総額は約87億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:4月25日(木)9時34分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン