ここから本文です

東京為替:ドル・円は111円80銭台、アジア諸国の株式市場の動向を注視する展開か

4月24日(水)9時31分配信 フィスコ

24日午前の東京市場でドル・円は111円80銭台で推移。23日の欧米市場でドルは一時112円03銭まで買われた。ドル・円は24日午前のアジア市場で111円81銭まで下げたが、その後は111円80銭台で推移している。111円台後半にはドル買い興味が残されており、日中はアジア諸国の株式市場の動向を意識した取引が主体となる見込み。ここまでのドル・円は111円81銭から111円90銭で推移。
・ユーロ・円は、125円46銭から125円61銭、ユーロ・ドルは、1.1219ドルから1.1228ドルで推移している。

■今後のポイント
・111.50円近辺が目先における下値目途に
・原油高を意識してドル下げ渋りも
・米中貿易協議のさらなる進展への期待も

・NY原油先物(時間外取引):高値66.18ドル 安値65.92ドル 直近値65.94ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:4月24日(水)9時48分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン