ここから本文です

NY為替:ドル強含み、3月新築住宅販売件数は予想外の増加

4月24日(水)6時18分配信 フィスコ

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円03銭へ上昇後、111円76銭まで反落し、111円86銭で引けた。S&P500種指数やナスダック総合指数が史上最高値を更新する米国株高や米国の3月新築住宅販売件数が予想外に前月から増加したためドル買いに拍車がかかった。上値からは、クロス円絡みの売りにおされ上昇も限定的となった。
ユーロ・ドルは、1.1248ドルから1.1192ドルまで下落し、1.1224ドルで引けた。ユーロ圏4月消費者信頼感指数速報値が改善予想に反して、悪化したためユーロ売りに拍車がかかった。ユーロ・円は、125円88銭から125円28銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3011ドルから1.2929ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0197フランから1.0231フランまで上昇した。スイス国立銀行(中央銀行)がフラン高是正策を講じるとの思惑でフラン売りが継続した。

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:4月24日(水)8時07分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン