ここから本文です

JASDAQ平均は小反発、買い先行で始まるも日経平均の下げに連動し伸び悩む/JASDAQ市況

4月24日(水)16時08分配信 フィスコ

JASDAQ平均は小反発、買い先行で始まるも日経平均の下げに連動し伸び悩む

現在値
ベルグアス 2,181 ---
テンポスH 2,185 ---
東和フード 1,530 ---
ビーマップ 1,200 ---
医学生物研 2,897 ---
JASDAQ平均:3436.07 (+1.16)
出来高:7098万株
売買代金:363億円
J-Stock Index:3065.64 (-16.23)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は5日ぶりに小反発し、JASDAQ-TOP20は小幅続落、J-Stock Indexは小幅に反落した。値上がり銘柄数は274(スタンダード257、グロース17)、値下がり銘柄数は298(スタンダード282、グロース16)、変わらずは64(スタンダード61、グロース3)。 本日のJASDAQ市場は、前日の米国株の上昇を映して、日経平均も続伸して始まったことから、朝方は買いが先行した。前日まで4営業日連続して下落していたことも買い戻しを誘い、JASDAQ平均は一時前日比8.21円高の3443.12円まで上昇した。ただ、10連休を控えて積極的な売買は手控えられているほか、日経平均が午前終盤にマイナスに転じ、午後に入り、下げ幅を拡大させると、JASDAQ市場でも目先の利益を確保する動きが増えた。主力企業の決算発表を控え、東証1部市場の主要銘柄に買いが入りにくいなか、好材料のある中小型株に個人の投資マネーが流入し、選別色が強まっていた。 値上がり率上位では、決算にて今期営業利益2倍増を見込んだ医学生物<4557>がストップ高比例配分で値上がりトップとなったほか、環境管理<4657>、ビーマップ<4316>、タツミ<7268>、リーダー電子<6867>、鉱研工業<6297>なども上位にランクインした。 一方、値下がり率上位には、ベルグアース<1383>、マツモト<7901>、東和フード<3329>、テンポスHD<2751>などが並んだ。 JASDAQ-TOP20では、マクドナルド<2702>、セリア<2782>、ハーモニック<6324>、メイコー<6787>、フェローテク<6890>などが下落した。
株式会社フィスコ

最終更新:4月24日(水)16時19分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン