ここから本文です

日経平均は62円安、売買代金上位は任天堂、ファーストリテ、ソニーなど

4月24日(水)14時21分配信 モーニングスター

現在値
ADワーク 39 +1
日電産 13,945 -285
ソニー 5,610 +112
日産自 761.7 +6.2
任天堂 37,420 -150
 24日午後2時15分時点の日経平均株価は、前日比62円97銭安の2万2197円67銭。後場は、昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が下げ幅を広げたことが重しとなり、弱含んで始まった。株価指数先物にまとまった売りが出て一段安となり、一時2万2125円48銭(前日比134円26銭安)まで下落した。その後は、午後取引の上海株が持ち直していることもあり、下げ渋りの流れとなっている。

 午後2時15分時点で、東証1部の騰落銘柄数は値上がり672、値下がり1371。東証業種別株価指数では全33業種中、値下がりは27業種。値下がり率上位3業種は、電気ガス、証券商品先物、輸送用機器。値上がり率上位3業種は、サービス、その他製品、医薬品。

午後2時10分ごろの出来高上位銘柄
・ADワークス <3250>
・みずほ <8411>
・三菱UFJ <8306>
・日産自 <7201>
・野村 <8604>

午後2時10分ごろの売買代金上位銘柄
・任天堂 <7974>
・ファーストリテ <9983>
・ソニー <6758>
・日電産 <6594>
・ソフバンG <9984>

提供:モーニングスター社

最終更新:4月24日(水)14時21分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン