ここから本文です

〔NY外為〕円、111円台後半(24日朝)

4月24日(水)22時08分配信 時事通信

【ニューヨーク時事】24日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、新規材料難の中、1ドル=111円台後半で小動きとなっている。午前8時45分現在は111円75~85銭と、前日午後5時(111円82~92銭)比07銭の円高・ドル安。
 海外市場では円買い・ドル売りがやや優勢となる場面も一時的に見られたものの、この日は米経済指標の発表もなく手掛かり材料に乏しい中、おおむね値幅の狭いレンジ取引となっている。
 24、25両日には日銀金融政策決定会合、26日には2019年1~3月期の米国内総生産(GDP)速報値の発表、さらに週末にかけては日米首脳・閣僚会談が予定されているため、様子見ムードも広がっている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1200~1210ドル(前日午後5時は1.1223~1233ドル)、対円では同125円25~35銭(同125円54~64銭)。(了)

最終更新:4月25日(木)0時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン