ここから本文です

英国、ファーウェイの5G参入を限定容認へ=関係筋

4月24日(水)17時43分配信 ロイター

 4月24日、関係筋によると、英国は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、次世代通信規格「5G」ネットワークの中核部分の構築への参入をすべて阻止する方針。写真は上海で昨年6月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
拡大写真
 4月24日、関係筋によると、英国は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、次世代通信規格「5G」ネットワークの中核部分の構築への参入をすべて阻止する方針。写真は上海で昨年6月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
[ロンドン/グラスゴー 24日 ロイター] - 英国は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]について、次世代通信規格「5G」ネットワークの中核部分構築への参入を認めず、限定的な参入承認にとどめる方針。この問題を巡っては米国と中国が対立しているが、英国はどちらにもくみしない立場を取る考えだ。

米国は、ファーウェイ製品が中国のスパイ活動に利用される恐れがあるとして、同盟国に同社製品を利用しないよう求めている。

23日にはメイ首相が議長を務める国家安全保障会議が開かれ、ファーウェイ問題を協議。治安筋によると、5G網中核部分の構築には参入させない一方、非中核部分については制限を付けて参入を認めることにするという。

ハモンド財務相は「正しいバランスを取り、われわれのネットワークがいかなる相手からの干渉にも安全で、かつ競争力の高い方法で構築されることを確実する必要がある」と述べた。

英デーリー・テレグラフ紙は先に、英国がファーウェイの参入を制限付きで認める方針だと報じた。

一方、英外交委員会のトゥーゲントハット委員長はBBCラジオに、中核部分と非中核部分を区別することは非常に難しいとの認識を示した。

ファーウェイの広報担当は、英国が制限付きで同社の参入を認めるとの報道を歓迎すると表明。「政府の正式発表を待つ。今後も引き続き政府と業界に協力していく」と述べた。

英国は「ファイブ・アイズ」と呼ばれる機密情報の共有網を米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドと築いている。

*内容を追加しました。

最終更新:4月25日(木)1時46分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン