ここから本文です

東京外国為替市場概況・12時 豪ドル円、売りが強まる

4月24日(水)12時09分配信 トレーダーズ・ウェブ

 24日の東京外国為替市場で豪ドル円は売りが強まった。12時時点では78.69円とニューヨーク市場の終値(79.44円)と比べて75銭程度の豪ドル安水準だった。10時30分に発表された豪1-3月期豪消費者物価指数(CPI)は前期比±0.0%、前年比+1.3%とそれぞれ予想から0.2%下振れ、2016年以来の水準まで低下した。これを受けて豪準備銀行(RBA)の利下げ観測が高まり、豪ドルには売りが集まった。豪ドル円は3日以来の安値78.60円まで売り込まれ、豪ドル/ドルも0.70ドル後半から0.7031ドルまで下落した。

 ユーロ円は上値が重い。12時時点では125.47円とニューヨーク市場の終値(125.58円)と比べて11銭程度のユーロ安水準だった。豪ドル円の下落に引きずられ、11時30分前には125.38円まで下値を広げた。マイナスでの推移となった中国・香港株もクロス円の重しになった。

 ユーロドルはじり安。12時時点では1.1214ドルとニューヨーク市場の終値(1.1227ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ安水準だった。豪ドル/ドルにつられた形となり、1.1209ドルまで弱含んだ。

 ドル円は12時時点では111.89円とニューヨーク市場の終値(111.86円)と比べて3銭程度のドル高水準だった。ドルが豪ドルに対して大きく買われた動きに沿い、111.98円までドル高・円安に振れた。しかしながら112円を前に上昇力は強まらず、小幅高で推移していた日経平均がマイナス圏に沈むのを眺めながら、111.90円割れで伸び悩んだ。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:111.81円 - 111.98円
ユーロドル:1.1209ドル - 1.1228ドル
ユーロ円:125.38円 - 125.61円
小針

最終更新:4月24日(水)12時09分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン