ここから本文です

米高官「利下げかも」=FRBにまた圧力? 

4月24日(水)8時00分配信 時事通信

 【ワシントン時事】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は23日、ワシントンで講演し、インフレ率が伸び悩んでおり、「連邦準備制度理事会(FRB)の利下げにつながるかもしれない」と述べた。トランプ政権が金融緩和を求め圧力をかけているとの見方が改めて広がりそうだ。
 クドロー氏は「FRBの独立性を強く信じる」としながらも、「(金融政策に)意見があるなら主張すべきだ」と指摘。「景気が持ち直している中で、インフレ率はFRBの目標を下回っている」と語り、利下げの環境が整っているとの見解をにじませた。
 トランプ大統領は、引き締め的な金融政策が景気減速を招いていると不満を訴え、FRBに利下げと量的金融緩和を迫っている。市場では、政権による介入がFRBの独立性を揺るがしかねないと懸念する声が出ている。 

最終更新:4月24日(水)8時00分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン