ここから本文です

理経はカイ気配切り上げる、19年3月期業績予想増額と3円復配を材料視

4月23日(火)9時08分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
理経 190 +1
 理経 <8226> は寄り付き大口の買い注文に値がつかず、気配値を切り上げている。同社は22日取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を95億円から100億8800万円(前期比26.4%増)へ、営業損益を1億円から1億4600万円(前期1億7400万円の赤字)へ、最終損益を5000万円から1億2200万円(同1億8400万円の赤字)へそれぞれ増額した。システムソリューション部門で大学官公庁向けシステムが好調に推移し全体を牽引、一昨年子会社化したエアロパートナーズの防衛省向けの修理契約増加も寄与して会社側の従来想定を上回る見通し。更に未定だった配当についても年3円と2期ぶりの復配を決めた。これを材料視する形で投資資金が流入している。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:4月23日(火)9時08分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン