ここから本文です

ICEの仮想通貨取引所Bakkt開始のめどつかず【フィスコ・ビットコインニュース】

4月23日(火)2時47分配信 フィスコ

 NY証券取引所を傘下に持つICEが仮想通貨の一般化に向けたビットコイン先物取引所(Bakkt)の計画は依然、開始のめどがつかない。すでに開始が2回延期されている。

規制が最大の課題とされている。Bakktの開始には米商品先物取引委員会(CFTC)の承認が必要となる。CFTCのジャンカルロ委員長は、同取引所のビットコインの保管計画や親会社のクリアリングハウスを通した取引の決済計画を問題視しているようだ。委員長は取引所が提示している案が規制の観点で問題となるほか、クリアリングハウスの他の参加者から反対意見が出る可能性を指摘した。

Bakktは当初、ビットコインのカストディアンを計画していた。親会社のICEは銀行ではなく、また、規制されたカストディアンでもないことから、何らかの控除が必要となる。

《KY》
株式会社フィスコ

最終更新:4月23日(火)2時47分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン