ここから本文です

富士電機---大幅反発、前期業績の上振れ観測報道を好感

4月23日(火)10時48分配信 フィスコ

現在値
富士電 3,590 +80
富士電機<6504>は大幅反発。19年3月期営業利益が前期比5%増の590億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。従来予想の580億円を上回り、2期連続で最高益を更新したようだ。「パワー半導体」が電気自動車やハイブリッド車など自動車向けに好調、工場の電力効率を高める製品やサービスでの利益率改善も奏効。20年3月期も最高益更新基調継続の公算とされている。観測報道数値は市場予想も上回る水準で、ポジティブに受け止められている。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:4月23日(火)10時54分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン