ここから本文です

10連休中に一時的な下げがあれば買い!米ドル/円は2018年のような動きを想定

4月23日(火)14時46分配信 ザイFX!

■米ドル/円、1週間の値幅が40銭と膠着…

米ドル/円 日足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:ザイFX!)
 先週(4月15日~)の米ドル/円は、イースター休暇の影響もありましたが、約40銭しか値幅がなく、非常に小動きに終始した週となりました。

 日米通商交渉で、為替条項に対する警戒があったものの、その内容も出てこなかったことから、安心感で一時的に円安へ推移しましたが、112円台には輸出の売りもあって、上値は112.16円までとなりました。

■ユーロ下落も、レンジブレイクにはつながらず

ユーロ/米ドル 4時間足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
ユーロ/米ドル 4時間足 (出所:ザイFX!)
 4月18日(木)には、ドイツの4月製造業PMI(購買担当者景気指数)の発表がありました。

 市場には、中国の経済指標の下げ止まりもあって、ユーロ圏の経済指標も下げ止まるのではないかとの期待もあったのですが、結果は44.5と悪く、ユーロ売りになりました。

 前回(3月)も、44.1と悪かったこともあって、ユーロ圏の景気はまだ、下げ止まったとは言えないような状況です。

 経済指標(PMI)の発表で、ユーロ/米ドルは1.1225ドルまで下がったものの、1.1170~1.1500ドルのレンジをブレイクできるほどの材料でもなく、横ばいの推移が継続しています。

■株式市場のポジション調整が米ドル/円に波及!?

日米通商交渉では為替も議題となると発言していたムニューシン米財務長官。自動車関税への警戒感もあって、バカラ村さんは、少なくとも円安へは推移しにくい状況だと指摘している (C)Bloomberg/Getty Images
拡大写真
日米通商交渉では為替も議題となると発言していたムニューシン米財務長官。自動車関税への警戒感もあって、バカラ村さんは、少なくとも円安へは推移しにくい状況だと指摘している (C)Bloomberg/Getty Images
 今週(4月22日~)の注目すべきイベントは、週末(27日)から始まる日本の10連休や、26日(金)の日米首脳会談、そして、その前に行われる予定の、麻生財務相とムニューシン米財務長官の日米財務相会談になります。

 先週(4月15日~)の日米通商交渉では、為替条項に触れていませんでしたが、以前、ムニューシン米財務長官は、日米通商交渉の中に、これを含めると発言していました。さらに、自動車関税への警戒感もあって、円高への警戒感がある状態です。少なくとも、円安へは推移しにくい状況です。

 また、1月3日(木)にフラッシュ・クラッシュもあったことから、今回の連休にも、その警戒感が市場にあるため、連休前にポジションを落とす動きも出てくると思います。

 為替市場は日本の連休中も開いていますが、株式市場の方は閉まっているため、そちらでポジションを落とす動きが予想され、それが米ドル/円の上値を重くすると思います。

■スワップ大量付与に絡んだタイミングで動き出るか?

米ドル/円 日足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:ザイFX!)
 すでにポジション調整が起きてもいいようなタイミングですが、イースター休暇の影響もあって、米ドル/円は、いまだに111.90~112.00円を中心(※)とした動きのない状態が続いています。

(※編集部注:本記事の寄稿後、4月23日(火)の東京時間に米ドル/円は一時、111.65円付近まで下落した)

 ただ、4月24日(水)には、スワップポイント(スワップ金利)が11日分つくため、それを狙った売買も出てくると思いますので、そのタイミングで動きが出てくると思います。

 そのため、米ドル/円も今週(4月22日~)半ばには、ポジション調整による下げもあるのではないかと考えています。

■大きな流れは2018年のような動きをイメージ

米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
米ドル/円 週足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
米ドル/円 週足 (出所:ザイFX!)
 米ドル/円の日足チャートでは、スローストキャスティクスが買われ過ぎ圏からデッドクロスしています。112円は、今年(2019年)に入ってからの高値圏ということもあって、調整が起きやすいのではないかと考えています。

 ただ、最近は対外証券投資が活発化しており、今年(2019年)に入ってからもそれが増加していることもあって、下がればそれらの買いで、米ドル/円やクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は、底堅い動きが予想されます。

 一時的に下がったとしても、大きな流れとしては、昨年(2018年)の米ドル/円の推移のように、ゆっくりとした上昇が続くのではないかと考えています。

■投機筋の円売りにはまだ増加の余地が

IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)4月16日時点 ※CFTCのデータを基にザイFX!が作成
拡大写真
IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)4月16日時点 ※CFTCのデータを基にザイFX!が作成
 円高になるとすれば、円売りのポジションが大きく偏り、それが巻き戻されるときか、株式市場が急落するときだけではないかと思います。

 現在、IMM(国際通貨先物市場)における、投機筋の米ドルに対する円売り越しは増えつつありますが、まだ約8.7万枚です。多いとは言える水準で、フラッシュ・クラッシュ直前の約8.8万枚(1月1日時点)と、ほぼ同水準ですが、調整しやすいと考える10万枚超えまでは、まだ、円売りは増える余地があります。

■連休中の下がったところは買いで!!

米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
 株式市場も、米国株が高値圏にいることもあって、いつ調整しても良いような水準ですが、中銀がハト派になっていることもあって、大きく下落することも考えにくいため、株式市場もまだ、底堅いと考えるべきかと思います。

 そのため、米ドル/円もポジション調整などで一時的に下がったとしても、機関投資家などの買いで下げ止まり、その後は、ゆっくりと上昇していく動きになるのではないかと考えています。

 10連休中には、FOMC(米連邦公開市場委員会)や米雇用統計などもありますが、下がったところは買って良いのではないかと考えています。
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

最終更新:4月25日(木)0時06分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン