ここから本文です

埼玉の「東西分裂」、列車本数を調べてみると…

4月23日(火)5時20分配信 東洋経済オンライン

川越線は大宮と川越という埼玉の大都市を結ぶ割には本数は多くない(写真:hiroshi/PIXTA)
拡大写真
川越線は大宮と川越という埼玉の大都市を結ぶ割には本数は多くない(写真:hiroshi/PIXTA)
 埼玉をディスりまくった映画『翔んで埼玉』の大ヒットもあって、いま埼玉県が全国的に注目を集めている。

 この映画の随所に「池袋には埼玉の人間が多い」とか「同じさいたま市でも、浦和と大宮の人はあまり仲がよろしくない」といったような「埼玉あるある」が散りばめられていることから、ネットやテレビのバラエティー番組で、この「埼玉あるある」が話題にのぼることが多くなった。

 そんな「あるあるネタ」の中で、よく耳にするのが「荒川の壁」だ。これは通勤、通学で都内に行く住民が多い埼玉県では、埼玉県の各地から都内へ向かう交通は発達しているにもかかわらず、県内を東西に結ぶ交通は貧弱なため、同じ埼玉県内でも、荒川の西岸エリア(川越、所沢など)と、右岸エリア(さいたま、川口など)は、交流がまったくないというものだ。
■荒川をまたぐのは武蔵野線と川越線くらい

 実際、埼玉県の鉄道路線図を見ると、埼玉県と都内を結ぶ路線は、東から順に、つくばエクスプレス、東武スカイツリーライン、埼玉高速鉄道、京浜東北線、埼京線、東北新幹線、東武東上線、西武新宿線と、ざっと数えただけでも8路線あり、さらに細かく分類すれば、湘南新宿ライン、上野東京ライン、上越新幹線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線なども入ってくる、それに対し、埼玉県内の「荒川の壁」を越えるのは、武蔵野線と川越線の2路線のみ(秩父鉄道は、上長瀞―親鼻間で荒川を渡るので、壁と言われる部分より上流部で渡ることになる)。路線図を見る限り、確かに埼玉県を東西に結ぶ交通は発達していないように見える。
 では、本当に荒川の西側と東側は交流が少ないのか。武蔵野線が開業する前の1972年から現在までの、武蔵野線、そして川越線の運転本数を時刻表で調べてみた。

 武蔵野線の時刻が掲載されたのは1973年4月号からだったため、1972年から2019年までの4月号の時刻表を使用。対象時間は平日の11時から15時までの4時間。駅は武蔵野線が南浦和、川越線は川越(西行は、川越に到着する列車の本数)とした。

 1972年の本数を見ると、川越線の大宮方面が4時間で6本、川越方面が4時間で7本しかない。運転間隔は6本で40分毎、7本でおよそ35分毎だ。当時の川越線は非電化で、日中は3~4両のディーゼルカーがガタゴト走っていた。当時も現在も、川越と大宮は、埼玉県内でも人口の多い街。その2つを結ぶ鉄道としては少なすぎる。この数字から、埼玉県には「荒川の壁」がハッキリ存在していることがわかる。
 1973年4月、荒川を渡り、埼玉県を東西に結ぶ2つ目の鉄道路線、武蔵野線が開業する。だが、ダイヤを見ると11時~15時までの間に運転された電車の本数は、東行、西行ともに6本だけ。所沢と浦和という、こちらも県内の人口が多い街どうしを結ぶ路線だが、40分毎という非常に少ない本数。川越線の実績から、国鉄サイドは埼玉県を東西に行き来する人が少ないと判断し、川越線と同じ程度の運転本数にしたのだろう。ちなみに当時、武蔵野線の電車は6両編成だった。
 その後、川越線、武蔵野線とも、10年以上運転本数は変わらなかったが、1984年に武蔵野線の東行が1本増発され7本に、西行が2本増発され8本に、翌1985年には東行、西行とも12本(20分毎)に増発される。1983年からわずか2年で倍増となる大増発だ。

 さらに1986年には、武蔵野線が両方向とも16本(15分毎)に、川越線も電化に伴うダイヤ改正で両方向とも12本(20分毎)に増発される。川越線は運転本数が倍増されたうえに、12本のうち8本が10両編成の電車となり、輸送力が約3倍となった。
 1987年、JRが発足してからも武蔵野線は微増を続け、1989年には20本(12分毎、1時間に5本)になる。また、川越線も大宮と川越を結ぶ電車がすべて10両編成となり、輸送力が増強された。

 1989年以降、武蔵野線は大きな増減が見られなかったが、1996年に、すべての電車が8両編成に増強。2003年からは土休日ダイヤで日中の運転本数が増強され、東行、西行とも24本(10分毎)となった。

 そして2013年、武蔵野線は平日ダイヤでも両方向とも24本(10分毎)となり、現在に至る。川越線は、1989年以降、列車の増減や編成の増強などなく、現在に至っている。
■荒川の壁を越えるバス路線は豊富にある

 このように、過去から現在までの列車の本数を時刻表で調べて見ると、荒川を渡る鉄道路線の運転本数は増え、「壁」が低くなったように見える。だが、大宮と都内を結ぶ列車が1時間に36本(平日12時台)もあることを考えると、大宮と川越を結ぶ川越線の運転本数が1時間に3本(平日12時台)で、しかも、ほとんどの区間が単線、さらに1989年以降、30年間運転本数が変わらないという状況を考えると、「荒川の壁」が存在していると感じる埼玉県民が多いのも理解できる。
 ちなみに、鉄道で荒川の壁を越える路線は2路線しかないが、東武東上線の各駅から荒川の壁を越えるバス路線は豊富で、志木駅からは浦和駅や南与野駅へ、川越駅からは上尾駅、桶川駅、鴻巣駅へ、東松山駅からは鴻巣駅、熊谷駅へ、森林公園駅からは熊谷駅へ向かうバスが出ている。その意味では、「荒川の壁」は、鉄道にだけ当てはまるものなのかもしれない。
渡辺 雅史 :時刻表探検家

最終更新:4月23日(火)5時20分

東洋経済オンライン

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン