ここから本文です

住友商、JSCと共同でシリコンフォトニクス半導体の製造受託を開始

4月23日(火)7時34分配信 モーニングスター

現在値
住友商 1,607 -8.5
 住友商事 <8053> は22日、同社および住友商事九州(福岡県福岡市)が、ジャパンセミコンダクター(岩手県北上市、JSC)と共同で、シリコンフォトニクス半導体の製造受託を開始すると発表した。

 住友商事九州は、JSCと共同で、15年からシリコンフォトニクス半導体の開発および試作に取り組んでいた。住友商事九州の委託のもと、JSCは光の受信や発信、変調に関わる素子を搭載したシリコンフォトニクス半導体の開発・試作を実施し、さらに、世界最高水準の性能を持った受光素子の試作にも成功した。19年4月から、住友商事九州が販売窓口、製造はJSCとして、主に通信機器メーカー向けに、シリコンフォトニクス半導体の製造受託を国内で初めて本格的に開始するという。

 22日終値は、前週末比3円高の1606.5円。

提供:モーニングスター社

最終更新:4月23日(火)7時34分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン