ここから本文です

後場コメント No.2 スルガ銀行、任天堂、ビックカメラ、A&D、ソースネクストなど

4月22日(月)15時01分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
コメ兵 991 -4
Bカメラ 1,174 +4
ソースネク 450 +5
ダイキン工 13,850 +10
富士ゼネ 1,450 +42
★12:41  スルガ銀行-3日続落 りそなHD社長「再建支援や業務提携は検討していない」
 スルガ銀行<8358>が3日続落。りそなホールディングス<8308>の東和浩社長が4月22日、不正融資問題で経営状態が悪化しているスルガ銀の再建支援を巡り、「いま話ができるのは検討していないということだ」と否定したことが、同日10時53分に共同通信より伝えられている。
 堺市で記者団に語ったもの。記事によると、りそなは再編相手として金融庁側からも有望視され、スルガ銀は水面下で資本も含めた提携を交渉していたとみられる。これに対し、東社長は業務提携を締結する可能性についても「とにかく検討していない」と強調したと報じられた。

★12:52  ダイキン工業など-底堅い 日本電機工業会の18年度出荷額は高水準 エアコンが大幅伸長
 ダイキン工業<6367>、富士通ゼネラル<6755>など、空調機器を製造する各社の株価は底堅い。日本電機工業会が4月22日発表した2018年度の白物家電の国内出荷額は前年度比4.3%増の2兆4689億円となり、1996年度以来22年ぶりの高水準。昨夏の猛暑によりエアコンが大幅に伸びたことが寄与したことが材料。エアコンの出荷台数は8.4%増の981万5000台で、統計が残る72年度以降で過去最大。出荷額は9.5%増の8044億円。

★13:07  任天堂-エースが「強気」継続 スイッチの中国本土での販売はポジティブ
 任天堂<7974>が反落。エース経済研究所では、「Nintendo Switch」の中国本土での販売は、ゲーム人口の拡大を目指す同社の戦略に合致したものであり、評価しているとコメント。投資判断「強気」、目標株価50000円を継続した。
 中国広東省の当局は、4月18日にテンセントが申請していた「Nintendo Switch」と「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」のテスト版販売の仮承認を行ったと発表。これを受けて、各種メディアの報道が相次いだ。現時点では、中国本土で販売が行われていないため、参入自体をポジティブな内容と判断。ただし、正式販売開始の日程がまだ発表されていないこと、中国本土ではコンソールゲームはパソコンで楽しむものとの意識が強いこともあるため、どの程度の販売になるか現時点で予測することは難しく、業績予想は据え置くとした。

★13:08  ビックカメラ-反発 近鉄八尾駅前「アリオ八尾」に新規出店
 ビックカメラ<3048>が反発。同社は19日、近鉄八尾駅前「アリオ八尾」に出店すると発表した。
 同商業施設内の2・3階部分に出店し、店舗面積は3000平方メートル。開店は2019年6月の予定。大阪府ではなんば店、あべのキューズモール店に続く、3つ目の店舗となる。

★13:22  A&D-反落 熱中症指数モニター製品群の2018年度の販売台数が過去最高に
 エー・アンド・デイ<7745>が反落。同社は4月22日10時に、製造・販売する「みはりん坊シリーズ」など、熱中症指数モニター製品群の2018年度の販売台数が過去最高になったと発表した。それまで過去最高だった2017年度対比で約60%増、2015年度対比で約2倍の販売台数になったとした。

★13:30  ソースネクスト-続伸 新製品「FamilyDot」発売日を7月下旬に延期
 ソースネクスト<4344>が続伸。同社は4月22日13時に、当初5月29日発売予定の新製品「FamilyDot」に関し、発売日を7月下旬に延期すると発表した。
 開発の都合により発売日を延期することを決定したもの。家族の居場所をいつでもスマートフォンで確認でき、世界中71の国や地域で使える小型のGPSデバイス。契約や月額通信料は不要で、位置測定の回数制限もなく、利用開始から2年間、追加費用が一切かからずに利用できる。同社では「ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。今後、正式な発売日が決まり次第お知らせいたします」としている。

★13:44  コメ兵-3日続落 「LINE Pay」を「KOMEHYO」全販売店舗にて導入
 コメ兵<2780>が3日続落。同社は4月22日12時30分に、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を、同日より「KOMEHYO」全販売店舗にて導入したと発表した。しかし、株価への影響は限定的のもよう。
小林

最終更新:4月22日(月)15時01分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン