ここから本文です

ガチンコチャート分析!これからの日経平均株価のポイントは?

4月21日(日)15時01分配信 トレーダーズ・ウェブ

 日経平均株価は前日のレンジ内での動きとなり、上昇基調が続く5日移動平均線(22191円 4/19)上を回復して終了。RSI(9日)は64.4%→71.0%(4/19)に上昇した。
 4/17までの上昇で、3/4高値~3/11安値までの下落幅922円に対する1.5倍返しの22321円前後を達成した。5日移動平均線上を維持していることから基本的にはトレンド継続との見方となるが、同線を下回ると上昇の勢いがいったんピークアウトする可能性もあり、下方のメド埋め(21878円)に向けて下げが続く展開が予想される。ただし、22000円割れには、一目均衡表の転換線(21958円 同)や10日移動平均線(21979円 同)、4/8高値(21900円 同)、200日移動平均線(21880円 同)などの重要なフシが集中しており、直ぐ下には強い下値支持帯があることがわかる
 当面の重要なポイントは75日移動平均線(21153円 同)と200日移動平均線の傾きである。3月安値時にサポートになった75日移動平均線が下から強く上昇し、株価が早い段階で22500円水準を維持できるような状況にならないと、海外市場の下落局面では相対的に弱く反応する状況が続くことになる。依然として200日移動平均線を下回っているTOPIXが同線を上回ることができるかが、相場全体の強気判断のカギともいえる。
 
 当面の上値メドは、昨年10/2高値~10/26安値までの下落幅3477円を昨年12/26安値からの上昇幅とみた22425円、昨年1/23高値~3/26安値までの下落幅3782円を昨年12/26安値からの上昇幅とみた22730円などが挙げられる。週足ベースでは一目均衡表の雲下限22397円などが特に重要となる。下値メドは、4/1安値21509円付近、3/11安値20938円付近、2/8安値20315円付近が考えられる。
東野

最終更新:4月21日(日)15時01分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン