ここから本文です

本土前引け:小幅続落、方向感欠ける展開 保険・証券が高い

4月19日(金)12時49分配信 トレーダーズ・ウェブ

 19日前場の中国本土株式市場で、上海総合指数は小幅続落。前場終値は前日比0.08%安の3247.64ポイントだった。深セン成分指数は0.04%安の10283.24ポイントと続落した。上海、深セン両市場の半日の売買代金は概算で4111億4100万元。

 上海総合指数は方向感に欠け、前日終値を挟んだ一進一退の展開。目新しい材料に乏しい中、ほぼ横ばいで寄り付いた。序盤は高くなる場面もあったが、17日の高値(3275ポイント)付近で伸び悩むと、その後は下向きに転じ、中盤以降はマイナス圏でもみ合った。中国人寿保険(601628)や東方証券(600958)が発表した2019年1-3月期の増益速報・増益見通しを受けて保険、証券株が買われ、指数を押し上げた。半面、相場が依然として約1年1カ月ぶりの高値圏で推移しているだけに、利益確定売りが重荷となった。なお、香港市場のイースター連休のため、香港から相互取引制度を通じた本土市場の株式取引は昨日から22日まで休止する。

 セクター別では、保険、証券のほか、インフラ建設やソフトウエアの一角が高い。半面、前日に高かった造船が全面安。酒造、家電、航空・空港運営も売られた。

 上海B株指数は0.06%安の318.80ポイント。深センB株指数は0.47%安の1054.07ポイントだった。
千原由

最終更新:4月19日(金)12時49分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン