ここから本文です

JALが年初来安値更新、国内大手証券が投資評価を引き下げ

4月19日(金)13時09分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
JAL 3,287 +30
 JAL <9201> が4日続落し年初来安値を更新している。SMBC日興証券が18日付で、投資評価を「1」から「2」とし、目標株価を4400円から4000円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では、国際線拡大に向けた費用増加トレンドが継続すると予想。21年3月期は、人件費や機材費が増加するため、業績の成長率は低位にとどまると予想。加えて、外部環境についても羽田空港国際線発着枠増加(20年の計画)により、国際線需給は緩和するリスクがあると予想しているという。更に、21年3月期の同社は、羽田空港発着枠獲得分を純増させ、成田空港の供給量は概ね維持するものの、羽田空港ではANAや海外キャリアも供給を増加させるため、成田空港で局所的(特に北米線など)にL/F(搭乗率)や純単価などが下落するリスクを認識する必要があるとしている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:4月19日(金)13時09分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン