ここから本文です

19日の日本国債市場概況:債券先物は152円52銭で終了

4月19日(金)15時43分配信 フィスコ

<円債市場>
長期国債先物2019年6月限
寄付152円63銭 高値152円67銭 安値152円44銭 引け152円52銭
売買高総計36543枚

2年 399回 -0.155%
5年 139回 -0.155%
10年 354回 -0.035%
20年 168回 0.385%

債券先物6月限は、152円63銭で取引を開始。日銀が国債買い入れオペで「残存期間10年超25年以下」と「25年超」を減額したことから売りが急速に強まり、152円67銭から152円44銭まで下落した。その後、押し目買いがみられ、いったん152円60銭まで戻した。現物債の取引では、2年債、5年債、20年債が売られ、10年債はもみ合った。

<米国債概況>
聖金曜日(グッドフライデー)で休場。

<その他外債市況・10年債>
聖金曜日(グッドフライデー)で休場。

[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・3月住宅着工件数(予想:123.0万戸、2月:116.2万戸)
・21:30 米・3月住宅建設許可件数(予想:130.0万戸、2月:129.1万戸←129.6万戸)
・聖金曜日(グッドフライデー)で休場:豪、NZ、香港、シンガポール、インド、独、スイス、英、南ア、米、カナダ、ブラジルなど

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:4月19日(金)15時43分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン