ここから本文です

NY株式:NYダウ110ドル高、経済指標や企業決算を好感

4月19日(金)7時00分配信 フィスコ

米国株式相場は上昇。ダウ平均は110.00ドル高の26559.54、ナスダックは1.98ポイント高の7998.06で取引を終了した。3月小売売上高が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少し、S&P500やダウは買いが先行。ナスダック総合指数は小動き。その後は、原油安により下落に転じる場面も見られたが、主要企業決算が好感され堅調推移となった。セクター別では、資本財やヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーやエネルギーが下落した。

本日、ニューヨーク証券取引所に上場した写真共有サイトのピンタレスト(PINS)やビデオ会議サービスのズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)は、公開価格を大幅に上回る好調な出だしとなった。複合企業のハネウェル・インターナショナル(HON)やクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(AXP)は、決算内容が好感され上昇した。一方で、金属大手のアルコア(AA)は、一株損失が予想より拡大したほか、今年のアルミ需要見通しを下方修正し下落した。

19日(金)は聖金曜日(グッドフライデー)の祝日で米国株式相場は休場となる。

Horiko Capital Management LLC

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:4月19日(金)7時41分

フィスコ

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン