ここから本文です

日経平均は反発、値がさ株中心に買い先行も伸び悩み、任天堂が14%高/相場概況

4月19日(金)15時45分配信 フィスコ

現在値
楽天 1,138 +49
安川電 3,190 -40
ホシデン 1,011 -4
キーエンス 62,780 +120
デンソー 4,280 -13
 日経平均は反発。18日の米国市場ではNYダウが110ドル高と反発し、終値としては昨年10月4日以来の高値となった。3月小売売上高や主要企業決算の予想上振れが好感された。本日の日経平均は米株高の流れを引き継いで147円高からスタートすると、朝方にはこの日の高値22250.37円(前日比160.25円高)を付けた。ただ、値がさ株の一角や半導体関連株が買われる一方で、自動車株や金融株などはさえず、先物の売りも出て日経平均は伸び悩む展開となった。


 大引けの日経平均は前日比110.44円高の22200.56円となった。東証1部の売買高は9億2898万株、売買代金は2兆0208億円だった。業種別では、その他製品、機械、電気機器が上昇率上位だった。一方、鉱業、空運業、陸運業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の54%、対して値下がり銘柄は42%となった。


 個別では、任天堂<7974>が売買代金トップで14%高。ホシデン<6804>がストップ高を付けるなど関連銘柄も大きく買われた。中国で「ニンテンドースイッチ」の販売が認可されたなどと報じられている。その他売買代金上位ではファーストリテ<9983>、楽天<4755>、東エレク<8035>、キーエンス<6861>、安川電<6506>などが堅調で、ソフトバンクG<9984>は小幅高。レーティング引き上げ観測のアイシン精機<7259>は急伸し、米ウーバーの自動運転部門に出資と伝わったデンソー<6902>も上げが目立った。また、好決算のモバファク<3912>が東証1部上昇率トップとなった。


 一方、トヨタ自<7203>や武田薬<4502>が小安く、三菱UFJ<8306>などは米長期金利の低下を受けてさえない。大和ハウス<1925>や7&iHD<3382>は下げ足を速め年初来安値更新。また、業績下方修正のヤマトHD<9064>とLIXIL G<5938>が東証1部下落率上位に並んだ。《HK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:4月19日(金)16時51分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン