ここから本文です

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロ円、軟調

4月19日(金)4時10分配信 トレーダーズ・ウェブ

 18日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は軟調。4時時点では125.57円と2時時点(125.74円)と比べて17銭程度のユーロ安水準。クロス円は全体的に弱くなり、ユーロ円は125.65円の日通し安値をつけた。もっとも米株式主要3指数は揃ってプラス圏に戻ったことで、下値も支えられた。

 ドル円は小動き。4時時点では111.95円と2時時点(111.99円)と比べて4銭程度のドル安水準。欧州通貨とオセアニア通貨に対してのドルの買い戻しが進んでいることで、ドル円111.90円台で小動きとなった。

 ユーロドルは上値が重い。4時時点では1.1230ドルと2時時点(1.1230ドル)とほぼ同水準だった。欧州通貨とオセアニア通貨は全体的に上値が重く、ユーロドルは一時1.1226ドルまで下落した。明日は東京や中国以外の多くの国が休場のため、米国が3連休を前にした持ち高調整も進んだ。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:111.77円 - 112.07円
ユーロドル:1.1226ドル - 1.1304ドル
ユーロ円:125.65円 - 126.61円
松井

最終更新:4月19日(金)4時10分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン