ここから本文です

前場コメント No.1 九州電力、楽天、ミンカブ、ソフトウェアサービス、アルテリアなど

4月17日(水)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
Sサービス 10,200 ---
アルテリア 1,179 -2
ミンカブ 1,074 -32
楽天 1,272 +47
ドコモ 2,495.5 +5.5
★9:00  九州電力-続落 前期営業益を下方修正 暖冬で他社販売電力料が減少
 九州電力<9508>が続落。同社は16日に、19.3期通期の連結営業利益予想を従来の1050億円から850億円(前の期比17.6%減)に引き下げると発表した。市場コンセンサスは1081億円。
 電気事業において、暖冬の影響により他社販売電力料が減少したことなどによる売上高の減少や、千葉県袖ケ浦市における石炭火力発電所開発検討や地熱新規地点調査の断念に伴う損失を計上したことなどによる費用の増加などが響く。

★9:00  楽天-買い気配 大和が「1」へ引き上げ モバイルスタートでエコシステムは超拡大期へ
 楽天<4755>が買い気配。大和証券では、モバイルスタートでエコシステムは超拡大期へとコメント。投資判断を「2(アウトパフォーム)」→「1(買い)」、目標株価を1000円→2700円と引き上げた。
 10月に同社はモバイル(MNO)事業に参入する。モバイルサービスは同社のトップライン再成長を促す起爆剤となりそう。エコシステムは超拡大期へ向かう見込み。大和では、同社がモバイル加入者獲得のため積極的な楽天スーパーポイント付与を行うとの前提にたち、結果、国内EC流通総額の伸びは来20.12期が前期比19%増、21.12期は同18%増と高い伸びを見込むとした。モバイルサービスはレイトカマーアドバンテッジを享受し、設備投資負担の軽減、スピーディな5G移行が可能。短期的にはマーケティング、投資負担により同事業は営業赤字を予想するものの、中長期的には同社収益の柱の1つに育つと大和では考えているとした。

★9:00  ミンカブ-買い気配 前期営業益を上方修正 月額利用料にかかる売上高が計画上回る
 ミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>が買い気配。同社は16日に、19.3期通期の連結営業利益予想を従来の2.0億円から2.5億円(前の期比76.1%)に引き上げると発表した。市場コンセンサスは2.0億円。
 2019年3月において予定していたメディア事業の広告収入や課金収入、ソリューション事業の初期導入が順調に推移し、継続的な月額利用料にかかる売上高も計画を上回ったことに加え、初期導入作業にかかる費用も効率的に推移したことにより、前回予想を上回る見通しとなった。

★9:00  ソフトウェアサービス-買い気配 3月売上高は33%増 受注高は3.3倍
 ソフトウェア・サービス<3733>が買い気配。電子カルテ専業の同社は18日、3月単月の売上高が前年同月比33.1%増の23億5100万円だったと発表した。受注高は29億1400万円(前年同月比3.3倍)、受注残高は68億3500万円(同69.6%増)だった。

★9:01  NTTドコモ-続伸 対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を提供開始
 NTTドコモ<9437>が続伸。同社は4月16日大引け後に、「my daiz」にも使われている対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を、法人顧客向けに提供を開始すると発表した。
 このサービスは目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿った一問一答やユーザーとの自然な対話が可能。ユーザーからの問い合わせに対し、自動応答させるFAQチャットボットとしての利用が可能で、コールセンターや社内外の問い合わせ応対時間短縮の効果が期待できるとした。
 また、サービスで作成された対話型オリジナルエージェント(キャラクター)は、音声認識・音声合成機能を有しており、ユーザーと音声での対話が可能。エージェントが発する声色は50種類以上から選べるとした。

★9:01  アルテリア-売り気配 独禁法違反の疑義 第三者委員会設定へ
 アルテリア・ネットワークス<4423>が売り気配。16日に、同社および子会社において、独禁法に違反する行為があった疑義を把握したと発表した。
 疑義の内容は、同社および子会社であるつなぐネットコミュニケーションズ(以下、TNC)において、TNCの競合他社との間で、1.相互の相手方の顧客に対し積極的な切り替え営業を行わないという取り決め、および2.同社と取引関係にあるTNCの競合他社に対し、一部競争を控える旨の取り決めが行われていた事実またはその疑いという。なお、今後客観的な調査を実施するため、第三者委員会を設定する予定としている。
小林

最終更新:4月17日(水)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン