ここから本文です

個人投資家中原良太:含み損が解消されない…▲11万円【FISCOソーシャルレポーター】

4月15日(月)13時13分配信 フィスコ

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2019年4月12日17時に執筆

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

東京大丸にて、
ワインが飲み放題らしい。

仕事をほっぽりだして、
ワインを浴びるように飲みたい(←)
僕としては、見逃せないイベントです。

行きたい…!(切迫)

さて。

4月第2週の株式市場は、
5日間連続で下落と、

一辺倒な下落相場でした。

小型株は下落相場に弱いので、
僕にとっても辛い一週間でした。

週明けからは4月も後半戦ですが、
はたして、損を取り戻せるだろうか…?(焦)

損をしていると、ついつい焦って、
余計なことをしそうになりますが、

冷静さを失わずに、
淡々とチャンスを待ちます(決意)

【本日の資産変動】
4/11:954万5977円
4/12:954万8177円(+2200円)
前週比:▲11万1174円

◆  ◆  ◆

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

4月12日の日本株市場は、
強かったのは「日経平均だけ」でした。

TOPIXもまんべんなく下がり、
パッとしない1日でした。

日本株はこれで5日続落。

新年度が始まってから2週間目にして、
すでに雲行きが怪しいですね…(汗)

そして、

「週末が弱気」なときは
「週明けも続落する」リスクが大きくてですね。

というのも、

株式市場の世界的な傾向として、
「週明けは、週末の動きを引きずりやすい」
という傾向があるんですよ。

この現象は、経済学用語で、
「Twist on the Monday Effect」
と呼ばれております…。

とくに日本株市場には、
「下がった翌日も下がりやすい」
なんて傾向がありますので、

まだ先行きが暗そうですなぁ…。

以上を踏まえて、
僕の投資スタンスは、
昨日から弱気継続です。

【4/12時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):買い
目先(1週間):売り

この投資スタンスに従うと、

現時点で株を持っていない人は、
「これから1週間くらいは様子見する」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

僕自身のトレードとしては、

週末に若干、小型株が上がったので(+0.08%)、
週明けに参加しようかしまいか悩み中でございます。

とはいえ、

市場全体の雰囲気は良くないし、
どうせ参加しても「すぐ損切り!」
なんて結果につながりそうなので、

週明けは、
「ひとまず様子見」で、
何も買わずにいようかな…。

NYの動き次第では買うかもしれませんが、
買ったとしても、「そろりそろり」と、
引け腰で臨むことになると思います…。

- 中原良太


----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:4月15日(月)13時17分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン