ここから本文です

東京為替:株高持続、ドル・円は112円近辺で推移し下げ渋る展開

4月15日(月)10時36分配信 フィスコ

15日午前の東京市場でドル・円は112円近辺で推移。ドル・円は111円94銭まで下げたが、株高は持続していることから、リスク回避的なドル売りは観測されていないようだ。日経平均株価は270円高で推移しており、株高は持続していることから、ドル・円は目先的に112円近辺の水準でもみ合う状態が続くとみられる。
・ユーロ・円は、126円54銭から126円72銭、ユーロ・ドルは、1.1295ドルから1.1307ドルで推移している。

■今後のポイント
・111.00円近辺が目先における下値目途に
・米国株高を意識してドル下げ渋りも
・米中貿易協議のさらなる進展への期待も

・NY原油先物(時間外取引):高値63.84ドル 安値63.52ドル 直近値63.63ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:4月15日(月)10時40分

フィスコ

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン