ここから本文です

個別銘柄戦略:クラレやファーストリテに注目

4月15日(月)9時15分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
クラレ 1,368 +2
浜松ホト 3,800 -20
Fリテイリ 64,610 +400
先週末12日の米国市場では、NYダウが269.25ドル高の26412.30と急伸し、ナスダック総合指数は36.81pt高の7984.16。シカゴ日経225先物は大阪比190円高の22050円。15日早朝の為替は1ドル=111円90銭台と、12日大引け時点に比べ20銭程度の円安。本日の東京市場はシカゴ225先物高や小幅の円安を好感して電子部品や情報通信、銀行株に買いが先行しよう。ただ、日米物品貿易協定(TAG)交渉の初協議を前に米国による円高圧力が気になるところ。米国は対日貿易赤字問題で自動車を標的にする構えを見せており、自動車や素材、海運株は買いが見送られよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたクラレ<3405>、ホトニクス<6965>、ファーストリテ<9983>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:4月15日(月)9時18分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン