ここから本文です

千代田化工建設<6366>のフィスコ二期業績予想

4月14日(日)13時30分配信 フィスコ

現在値
千代建 285 -1
※この業績予想は2019年3月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

千代田化工建設<6366>

3ヶ月後
予想株価
300円

総合エンジニアリング国内2位。中東など海外で石油・ガスプラントの実績豊富。19.3期は米国ルイジアナの大型LNG案件で巨額損失発生。悪化した財務再建に向け、筆頭株主の三菱商事らと協議。継続前提に疑義注記。

米国テキサスのLNG案件などを受注し、昨年末の受注残高が17年末比5%増の7281億円。20.3期はルイジアナ大型LNGが完工。手持ち案件の工事も進む。追加損失は見込まず。黒字化へ。株価の上値重いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/400,000/-86,500/-86,500/-110,000/-424.76/0.00
20.3連/F予/415,000/8,000/8,000/4,000/15.45/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/27
執筆者:JK
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:4月14日(日)13時30分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン