ここから本文です

星光PMC<4963>のフィスコ二期業績予想

4月14日(日)11時24分配信 フィスコ

現在値
星光PMC 815 +14
※この業績予想は2019年3月22日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

星光PMC<4963>

3ヶ月後
予想株価
900円

製紙用薬品が主力。印刷インキ用樹脂や機能性モノマーなども。DICの連結子会社。台湾の粘着剤メーカーに追加出資し、今年1月に子会社化。中計では21.12期に営業益30億円を目指す。18.12期は利益足踏み。

19.12期はグラビアインキ用樹脂などが堅調。原料価格下落も効いて樹脂事業が業績を引っ張る。新規連結会社も上乗せ。製紙用薬品事業は中国減速だが、国内の段ボール向けが堅調。利益反発へ。株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.12連/F予/28,400/2,320/2,400/1,700/56.07/16.00
20.12連/F予/29,500/2,500/2,580/1,800/59.36/16.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/22
執筆者:JK
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:4月14日(日)11時24分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン