ここから本文です

ナレッジスイート Research Memo(2):SFA/CRMのクラウドサービスが主力事業

4月10日(水)15時02分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ナレッジS 905 -6
■会社概要

1. 会社沿革
ナレッジスイート<3999>は2006年に現 代表取締役社長の稲葉雄一(いなばゆういち)氏によって設立された。稲葉氏は、当時米国でクラウドコンピューティングという情報インフラの新たな形態が立ち上がり、その中でSalesforce.com(セールスフォース・ドットコム<CRM>)がSFA/CRM(営業支援/顧客管理)事業を展開し始めたのを見て、日本でもいずれクラウドコンピューティングの時代が到来することを確信し、クラウドサービス事業で起業することを決断したのが創業の経緯となる。クラウドサービスで事業を拡大していくには、まず顧客情報管理を徹底することが重要と考え、2008年にプライバシーマーク※1やISO/IEC 27001※2を取得し、これらをベースに現在の主力サービスであるクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」を2010年に開発した。前年に開発した同社初の開発品となるグループウェア「GRIDY(グリッディ)」は当初無料サービスとしていたが、顧客の情報資産を預かることを保証するという意味でも有料化した方が良いとの判断から、「Knowledge Suite」では顧客データの蓄積量(ストレージ量)に応じて課金するビジネスモデルとした。

※1 個人情報の適切な取扱いを行っていると認められた事業所に対して、(一財)日本情報経済社会推進協会が使用を許諾する登録商標。
※2 情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際的な標準規格。


「Knowledge Suite」は、リリースした2010年にASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード「ベストイノベーション賞」、東京都ベンチャー技術大賞「優秀賞」、「グッドデザイン賞」などに相次いで表彰されるなど、その機能性、革新性が業界でも高く評価され、2011年にはKDDIの法人向けサービスの1つとしてOEM提供も決定した。当時のSFA/CRM等の業務用ソフトはカスタマイズが可能なオンプレミス型が主流で初期コストも高く、中小企業で導入することは困難であったが、「Knowledge Suite」は初期導入費用を無料とし、月額利用料も低価格に設定することで中小企業の顧客を開拓していった。

2012年にスターティア(株)及びジェイズ・コミュニケーション(株)からの資金調達を実施するとともに、「Knowledge Suite」の代理店網の強化を開始、2014年9月期に初めて黒字化を達成する。ただ、その後に代理店依存による体制では売上高が伸び悩み、2016年に両社から代理店販売権を譲受し、KDDI向けを除いて直販と代理店経由の販売体制に切り替えた。

2017年12月に東証マザーズに株式上場を果し、2018年6月には開発力の強化を目的にシステム開発会社の(株)フジソフトサービスを子会社化(出資比率100%)、同年7月には商品ラインナップの強化を目的に(株)インプリムと資本業務提携契約を締結(出資比率14.3%)、同年10月には開発力の強化を目的にIT技術者派遣サービスを主に展開するビクタス(株)を子会社化(出資比率100%)するなど矢継ぎ早にM&A戦略等を実行し、将来の成長に向けた布石を打っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:4月10日(水)15時40分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン