ここから本文です

前場コメント No.7 セブン&アイ、伊藤園、インテージ、ニプロ、インヴィンシブルなど

4月9日(火)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
伊藤園 5,200 -30
7&iHD 3,737 +34
インテージ 1,005 +5
関西みらい 703 -16
メディパル 2,378 +6
★9:20  セブン&アイ-SBIが「中立」へ引き下げ コンビニ24時間営業問題が経営の重し
 セブン&アイ・ホールディングス<3382>が4日続落。SBI証券では、コンビニ24時間営業問題が経営の重しと判断。投資評価を「強気」→「中立」、目標株価を6000円→4100円と引き下げた。
 外部環境の大きな変化を考慮し、SBIの業績予想を見直したことなどに伴い、投資判断を引き下げ。コンビニの24時間営業問題が大きな注目を集めている。4月5日には、政府も人手不足への対応やFCオーナーの処遇見直しなどの行動計画の提出をコンビニ各社に要請した。SBIでは、原則24時間営業は維持されると考えているとしたが、24時間営業を維持するためには店舗純増数の減少、省人化投資の増加、加盟店支援の増加など、加盟店の処遇改善によるコスト増加は避けられないとみているとし、今後2~3年にわたって、同社の主力事業である国内コンビニエンスストア事業の利益が圧迫されると考えているとした。

★9:21  伊藤園-底堅い 海外事業の売上高営業利益率10%に引き上げへ 日経報道
 伊藤園<2593>が底堅い。9日付の日本経済新聞朝刊で、同社が2022年4月期をめどに、海外事業の売上高営業利益率を10%に引き上げると報じられた。
 記事によれば、米国やアジアを中心に健康志向が高まっており、緑茶のペットボトル飲料「お~いお茶」やティーバッグ「抹茶グリーンティー」が好調という。連結売上高に占める海外の比率も10%に引き上げるとしている。

★9:23  インテージ-小安い アルゴリズム事業準備室を設立 AI・ビッグデータ活用で
 インテージホールディングス<4326>が小安い。同社は4月8日大引け後に、AI・ビッグデータ活用事業を本格的に推進するため、アルゴリズム事業準備室を設置したと発表した。各グループ会社が有機的に連携し、インテージグループのアセットを有効活用する目的。

★9:26  りそなと関西みらい-SBIが目標株価引き下げ 「21.3期への懸念」
 りそなホールディングス<8308>が小安い、関西みらいフィナンシャルグループ<7321>が4日続落。SBI証券では、「21.3期への懸念」に着目。2社ともに投資評価「中立」を継続も、りそなの目標株価を530円→520円、関西みらいは850円→810円と引き下げた。
 両社は4月5日に、前19.3期の業績下方修正を発表。りそなHDは当期利益の予想を2000億円から1700億円へ、関西みらいFGは765億円から675億円へと引き下げた。修正理由はともに(1)保有有価証券のポートフォリオの健全化による損失の計上、(2)収益が計画に届かなったため。配当予想は据え置かれた。
 なお、りそなの決算発表では(1)フィービジネス関連の施策、戦略、(2)株主還元策の拡大、(3)20.3期の会社予想が注目点とした。

★9:28  ニプロ-3日続落 再生医療等製品「ステミラック 注」の流通業務をSPLineに委託
 ニプロ<8086>が変わらずを挟んで3日続落。同社は4月8日大引け後に、2018年12月28日付けで再生医療等製品として条件および期限付製造販売承認を取得した「ステミラック 注」について、メディパルホールディングス<7459>の連結子会社であるSPLine(東京都中央区)と条件および期限付承認期間中の流通業務委託契約を締結したと発表した。販売業務はメディパルの連結子会社であるメディセオが行う。

★9:28  インヴィンシブル-みずほが目標株価引き上げ 中長期的な評価上昇は道半ば
 インヴィンシブル投資法人<8963>が3日ぶり反落。みずほ証券では、短期上昇余地残るも、中長期的な評価上昇は道半ばと判断。投資判断「中立」を継続も、目標株価は50000円→55000円と引き上げた。
 株価は足元で回復基調でホテル収益増加期待から、短期的にはさらに強含む可能性もある。一方で、中長期的なビジネスリスクを考えれば、株価は妥当な水準に近いと考えられる。注目ポイントは資産入替による収益性向上、GW10連休やG20などでのRevPAR上振れなどとした。
小林

最終更新:4月9日(火)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン