ここから本文です

アップル Research Memo(1):事業環境の変化に対応する新しい成長戦略を展開中

4月8日(月)15時01分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
アップルイ 218 ---
■要約

アップルインターナショナル<2788>は、中古車輸出と国内における中古車買取・販売事業のフランチャイズチェーン本部を2本柱とする。事業環境の変化を見越して、新しい成長戦略を国内外で展開している。

1. 中国製EVの日本における独占販売権を獲得
2019年3月に、中国の電気自動車メーカーであるNanjing Jiayuan Special Electric Vehicles Manufacture(以下、JIAYUAN EV)から日本国内における独占販売権を獲得した。同社の日本の法制度や車両に関する知見などの専門性が評価され、総合商社に競り勝った。まずは1人乗り電気ミニカー「e-Apple」を販売する。日本の道路交通法上では原付登録となる。2019年4月に行われるアップル加盟店オーナー会で紹介し、反響を見た上で各店舗に展示用車を置く予定にしている。EV新車販売の第2弾は、日本の法令では軽トラックに該当するEVトラックになる。2人乗りのEVトラックは、最大積載量が軽トラックと同じ350キログラムとなる。スペインの警察が巡回用として数千台規模で導入している。

2. 2018年12月期の業績と2019年12月期の予想
2018年12月期は、売上高が前期比36.5%増の18,610百万円、営業利益が同51.7%増の493百万円、経常利益が同209.8%増の1,038百万円となった。香港の連結子会社の清算手続きが完了し、外貨建て債権の換算替えを行った結果、営業外収益に為替差益728百万円を計上した。2019年12月期は、売上高が前期比6.5%減の17,406百万円、営業利益が同30.5%減の342百万円、経常利益が同60.6%減の409百万円を予想している。中古車輸出事業の主要な仕向け地であるタイでは、3月下旬の総選挙に続き、5月上旬に新国王の戴冠式と国家的イベントが続く。この約2ヶ月間は、営業活動が鈍る。日本も新天皇の即位に合わせた10連休があり、今期の予想はそれらの影響を勘案している。

3. タイでオートオークション事業、中古小型商用車の輸出、中古車買取販売事業を展開
2018年6月にタイ製の中古小型商用車の輸出を目的に設立した子会社は、中古車買取販売事業にも事業領域を拡大した。アップル買取店を既に5店舗出店しており、直営店の店舗数を今年度内に10店舗に増やした後、日本と同様にFC本部として加盟店を募集する。最終的には、100店舗のネットワーク構築を目指す。買取事業では、ライバル企業が不在のため、先行者利得を享受している。2008年からタイで展開するオートオークション事業との相乗効果が期待される。

■Key Points
・顧客満足度調査において「車買取会社」で5年連続総合第1位を獲得
・中国製EVの日本における独占販売権を獲得
・100店舗を目指して、タイでアップル買取店を展開

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《ST》
株式会社フィスコ

最終更新:4月8日(月)15時31分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン