ここから本文です

前場コメント No.1 ミルボン、富士通、かんぽ生命、ヤマトHD、東プレなど

4月5日(金)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ミルボン 5,400 +30
東プレ 1,813 ---
富士通 7,430 +40
かんぽ生 1,988 -7
ヤマトHD 2,342 +68
★9:00  ミルボン-買い気配 UBSが新規「Buy」 高価格帯ヘアケア事業の構造優位
 ミルボン<4919>が買い気配。UBS証券では、高価格帯ヘアケア事業の構造優位を評価。レーティング「Buy」、目標株価5900円として、カバレッジを開始した。
 同社は高価格帯ヘアケア商品を、国内と海外のサロンで展開。UBSでは、(1)頭髪関連商材において、品質が競争優位になりうる「ヘアケア用剤(シャンプー・トリートメント)」、「染毛剤」の構成比が高く、(2)女性のヘアケア用剤に向ける支出額上昇とECの拡充、(3)黒髪に特化した品質の商品を中国市場に展開する独自のモデルにもとづき、今後3期(19.12期~21.12期)売上CAGR日本+6.1%、中国+30.7%を予想。女性向け高価格帯ヘアケア事業の優位性と中期アジアグロースは株価に織り込まれていないと考えられる。1Q決算は前年の新商品上市に伴うハードルから営業減益予想だが、株価の調整はエントリーポイントととらえるとした。

★9:00  富士通-売り気配 構造改革の成果に時間要する 「売り」へ2段階引き下げ
 富士通<6702>が売り気配。シティグループ証券では、構造改革の成果に時間を要すると判断。投資評価を「1(買い)」→「3(売り)」、業績予想を下方修正し、目標株価を8200円→6600円と引き下げた。
 シティでは富士通の構造改革に対する期待が高まると考えてきたが、これはおおむね実現。一方、10~12月期決算後の取材などから、今後の業績拡大には懸念があり、構造改革を急ぐ必要があると判断。この見方の変化に対して実際の構造改革の効果が発現するには、まだ時間がかかる印象も新たに持ったとコメント。海外ITサービスで事業内容自体を変える必要があること、ドイツでの構造改革効果が2020年になること、間接・本社費用の削減にも時間がかかりそうなことなどが特に今回の予想変更の材料。構造改革による業績改善と企業価値拡大がこれまでの買い推奨の根拠だったが、この見通しを変更したことから、投資評価を引き下げたとした。

★9:01  かんぽ生命-3日ぶり反発 1億6810万8700株を売り出し 日本郵政が放出
 かんぽ生命保険<7181>が3日ぶり反発。同社は4日に、日本郵政を売出人とする1億6810万8700株(国内:1億1260万8700株、海外:5550万株)の売り出し、上限1689万1300万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表した。発行条件は4月15日~4月17日のいずれかの日に決める。なお、自己株取得を予定しており、売出人からの取得実績に応じて売り出し株数が減少することがある。
 併せて、上限5000万株・1000億円の自己株取得枠を設定したと発表した。今後の日本郵政保有株式売却に係る株式需給への影響を緩和するため。取得期間は4月8日~12日。上限株数を取得する場合の発行済み株式総数(自己株式除く)に対する割合は8.3%。

★9:01  ヤマトHD-反発 3月の小口貨物取扱実績は1.2%増 今期の累計では同1.8%減
 ヤマトホールディングス<9064>が3日ぶり反発。同社は4月4日大引け後に、3月の小口貨物取扱実績(宅急便・クロネコDM便)を発表し、宅急便の実績は前年比1.2%増となった。今期の累計では同1.8%減。また、2.クロネコDM便の実績は同22.3%減で、今期の累計では同17.3%減となった。

★9:01  東プレ-売り気配 みずほが「中立」へ引き下げ プレス関連の成長局面が21.3期以降にずれ込む
 東プレ<5975>が売り気配。みずほ証券では、プレス関連の成長局面が21.3期以降にずれ込むと判断。投資判断を「買い」→「中立」、目標株価を3100円→2100円と引き下げた。
 2020年以降、日系完成車メーカーに拡販が進む見方に変化はなし。しかし、北米に続き、中国、インド、インドネシアなどの拠点拡大が進むことや、ホットプレス向けの投資が増加する結果、今20.3期も設備投資額が高水準になり、減価償却費が前回予想より増加すると見込んだとした。また、定温物流関連事業において、冷凍車の小型化が構造的に進むと想定し、業績予想を引き下げ。今20.3期の営業利益成長は、16.3期から18.3期に比べて鈍化し、踊り場が継続すると判断したとしている。
小林

最終更新:4月5日(金)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン