ここから本文です

個人投資家アイデア投資家:テンバガー候補銘柄の19年1月~3月期 総集編【FISCOソーシャルレポーター】

4月2日(火)13時30分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
串カツ田中 2,154 -68
Sワイヤー 1,067 +35
シェアT 539 +12
スキヤキ 750 +47
イボキン 2,826 +25
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家アイデア投資家氏(ブログ「アイデア投資家」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
----
※2019年3月31日20時に執筆
テンバガー(10倍株)の可能性を秘めた候補銘柄を、2019年初めに下記5条件から21社リストアップした。
<アイデア投資家が考えるテンバガー候補企業の5条件>
・時価総額が300億円以下で、上場市場はJASDAQ、マザーズ、東証二部
・上場から10年以内の企業
・PER100倍未満(2018年1月4日終値べース)
・過去3年平均売上高成長率10%以上
・過去5年の売上高・経常利益トレンドが右肩上がり(設立5年未満は、3年で確認)
2019年1月~3月期の株価パフォーマンスの騰落を、1月9日終値と3月29日終値の比較確認した所、21社の騰落率単純平均が10%のプラスになった。
ベンチマークしていた日経平均株価が4%のプラス、TOPIXが4%のプラス、 東証マザーズ指数7%のプラスだったので、市場平均を上回ることができた。
また個別株で見ても、僅か3ヶ月で4銘柄が30%以上のプラス、2銘柄が30%以上のマイナスとなり、プラスとマイナスの両方に振れた結果になったが、総じて良い成績だったと自己評価している。

それでは大幅なプラスとマイナスのリターンになった企業名と銘柄コードを紹介する。
まず30%以上のプラス。
・SKIYAKI<3995> +74%
・イボキン<5699> +51%
・串カツ田中ホールディングス<3547> +36%
・シェアリングテクノロジー<3989> +30%
30%以上のマイナス
・アクアライン<6173> -36%
・ソーシャルワイヤー<3929> -33%
いかがだっただろうか、注目していた銘柄、気になっていた銘柄はあっただろうか。
独自の選定基準で見つけたテンバガー候補企業の2019年第1四半期の投資成績は良好だったので、4月以降も四半期ごとに株価推移を確認して報告する。
----
執筆者名:アイデア投資家
ブログ名:アイデア投資家

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:4月2日(火)13時34分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン