ここから本文です

CREロジ Research Memo(7):多様化するニーズに応える物流施設への投資に重点

4月1日(月)16時07分配信 フィスコ

拡大写真
拡大写真
現在値
R-CREロジ 125,900 +900
■今後の見通し

CREロジスティクスファンド投資法人<3487>の今後の運用方針としては、引き続き、首都圏を中心とするテナントニーズに応える物流施設への投資を重点的に行う。市場構造の変化に伴って物流不動産の利用者ニーズは多様化しているため、これに応える良質な物流関連施設を取得し、保有・運用することにより、同投資法人の運用戦略の独自性につながるとの考えを示している。

● 2019年6月期の業績予想
2019年6月期(第6期)は、営業収益1,410百万円(前期比0.2%減)、営業利益716百万円(同11.7%減)、経常利益594百万円(同13.7%減)、当期純利益593百万円(同13.8%減)を、2019年12月期(第7期)は、営業収益1,412百万円(前期比0.2%増)、営業利益715百万円(同0.1%減)、経常利益594百万円(同0.0%減)、当期純利益593百万円(同0.0%減)を予想する。また、1口当たり分配金については、2019年6月期(第6期)2,940円、2019年12月期(第7期)2,940円を予想している。

2019年6月期(第6期)において、営業利益が減少するのは、2018年6月期(第4期)に取得した5物件の固定資産税・都市計画税等が費用化されるためであり、2018年2月の上場当初より予想されていた費用増加によるものである。2019年6月期(第6期)の1口当たり分配金2,940円の予想値は上場時に公表したものから変更はなく、一時的な要因が発生しない巡航期の分配金と位置づけている。

また、投資額に対する分配金の割合で、投資収益率を測る指標の1つである分配金利回りについては、5.3%(3月末時点)となり、物流施設主体型REITとしては利回りトップとなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬 智一)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:4月1日(月)17時27分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン