ここから本文です

吉野家HDが19年2月期業績予想を下方修正、最終赤字は58億円に拡大

3月29日(金)17時24分配信 みんなの株式

現在値
吉野家HD 2,279 +30
 吉野家ホールディングス <9861> は29日取引終了後、19年2月期の連結業績予想の下方修正を発表した。売上高は2050億円から2023億8500万円(前期比2.0%増)へ見直したほか、営業利益は11億円から1億400万円(同97.4%減)へ、最終損益は11億円の赤字から58億8200万円の赤字(前期14億9100万円の黒字)へ修正した。

 競争環境の激化により客数が伸び悩み、既存店売上高が計画に対し未達となったことが響く。また、減損損失として店舗など固定資産に対して50億1800万円の特別損失を計上。子会社である吉野家の減損に関しては、次期の新サービスモデル店舗拡大計画に基づく改装対象店舗が増加することが要因。はなまるや京樽、それに海外部門などの減損は業績不振店の今期および来期の撤退に伴うもの。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:3月29日(金)17時24分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン