ここから本文です

東エレク、SUMCOなど半導体関連軟調、グローバル景気減速懸念で売り優勢◇

3月28日(木)9時21分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
SUMCO 1,493 +3
東エレク 20,925 -25
 東京エレクトロン <8035> 、SUMCO <3436> など半導体関連が安い。前日の米国株市場では米10年債利回りと3カ月物との長短金利逆転が進んでおり、これが景気リセッションを示唆するものとして警戒感が強まっている。ECBのドラギ総裁も利上げ時期を再び先送りすることに言及、世界景気減速に対する懸念が株式市場にも重くのしかかっている。前日の米国株市場ではアプライドマテリアルズやインテルなど半導体関連株が売られており、東京市場でもグローバル景気の低迷で半導体需要が鈍化するとの思惑が、目先筋の関連銘柄への売りを誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:3月28日(木)9時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン