ここから本文です

個別銘柄戦略:アカツキやカプコンに注目

3月27日(水)9時02分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
アカツキ 5,310 -40
東海カボン 1,147 -24
三井海洋開 2,849 -24
光通信 22,800 +250
カプコン 2,135 -42
26日の米国市場では、NYダウが140.90ドル高の25657.73、ナスダック総合指数が53.98pt高の7691.52と上昇し、連れてシカゴ日経225先物も大阪比120円高の21270円としっかり。27日早朝の為替は1ドル=110円50銭台と、昨日午後3時時点比で円安方向。本日の東京市場は前日の買い戻し地合いに米株高と円安が加わり、電機や機械など輸出関連銘柄を中心に強含みが予想される。朝方にはパッシブ業者による3月期末配当の権利落ち分に見合った先物の再投資も予想され、日経平均の高構成比銘柄は高寄りし、その後はもみ合いに入る可能性がある。また、日経平均が175円程度と推定される配当の権利落ち相当分を埋めれば、株価上昇が加速しよう。東証1部銘柄の株価回復が進んで投資家の担保余力が戻り、バイオ・創薬株を中心とした新興市場銘柄の短期売買も活発化しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたアカツキ<3932>、東海カ<5301>、三井海洋<6269>、光通信<9435>、カプコン<9697>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:3月27日(水)9時15分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン