ここから本文です

NY株見通し-今週は米中通商協議の行方や米長短金利の動向に注目

3月25日(月)20時53分配信 トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場では28-29日開催の米中閣僚級通商協議の行方が注目されるほか、長短金利差の逆転で収益悪化懸念が強まった金融株の動向も焦点となりそうだ。米国債は22日に10年物と3カ月物の利回りスプレッドが2007年6月以来のマイナスとなった。逆イールドは先行きの景気後退を示す指標とみられており、逆イールド状態が続けば投資家心理が一段と悪化することが懸念される。今週は2月住宅着工件数、3月消費者信頼感指数、10-12月期GDP確定値、3月ミシガン大学消費者態度指数確報値、2月新築住宅販売件数などの注目度の高い指標の発表が多く、指標結果を受けた債券市場の動向を注目したい。決算発表はレッドハット、カーニバル、レナー、ペイチェックス、PVHなどが発表予定。

 今晩の米経済指標は2月シカゴ連銀全米活動指数などのほか、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁の講演も予定されている。欧州時間に発表の3月の独Ifo景況感指数にも注目。企業決算は引け後にレッドハットなどが発表予定。(執筆:3月25日、14:00)

最終更新:3月25日(月)20時53分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

ヘッドライン