ここから本文です

矢作建設工業<1870>のフィスコ二期業績予想

3月24日(日)11時08分配信 フィスコ

現在値
矢作建 676 -14
※この業績予想は2019年3月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

矢作建設工業<1870>

3ヶ月後
予想株価
850円

名鉄グループのゼネコンで高営業利益率が特徴。マンションなど民間建設中心に展開し、独自工法の「ピタコラム」を中心とする耐震工事に強み。名鉄関連からの鉄道土木にも実績。19.3期3Q累計決算は、各利益急伸。

土木工事や不動産事業が好調。東海北陸自動車道の池之島工事は昨年竣工。野村不動産や岡谷鋼機と、大型マンション・商業施設などでJR春日井駅前の再開発事業を着工。来期も事業好調見込め、株価は堅調推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/92,000/6,000/6,000/4,000/92.20/24.00
20.3期連/F予/93,500/7,700/7,700/5,000/115.20/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/09
執筆者:YT
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:3月24日(日)11時08分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン