ここから本文です

三井松島ホールディングス<1518>のフィスコ二期業績予想

3月24日(日)10時12分配信 フィスコ

現在値
三井松島H 1,335 +23
※この業績予想は2019年3月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三井松島ホールディングス<1518>

3ヶ月後
予想株価
1,500円

石炭輸入販売が柱。豪リデル炭鉱の権益を32.5%保有。新規事業を強化し、再生可能エネルギーやストロー、衣料品、リゾート施設運営、電子部品、介護なども展開。石炭価格上昇により、3Q累計決算は各利益急伸。

足元の石炭スポット価格・為替レートは会社計画線。電子部品は受注が拡大。運営施設減少により、施設運営受託が伸び悩み。非石炭部門を強化し、M&A積極化。株価調整で、割安感と配当妙味台頭。リバウンド間近か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/76,000/4,800/5,400/1,700/130.30/50.00
20.3期連/F予/77,000/5,150/5,750/2,250/172.20/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/08
執筆者:YT
《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:3月24日(日)10時12分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン