ここから本文です

<特集>好取組銘柄をピックアップ(4)=アイコム―需給思惑が醸成、業績は回復色強める

3月24日(日)8時34分配信 モーニングスター

現在値
アイコム 2,085 +14
 アイコム <6820> はマーク続行の対象になる。3月15日申し込み現在の信用取引残高は買い残1万株強に対し、売り残10万株強と売り長状態。日証金では株不足が続き、20日申し込み時点で逆日歩5銭が継続した。1週遅れのデータながら、8日報告分の株券等貸借週末残高によると、借り手のカラ売りポジションにつながる貸付残高が有担保分で24万株強となっており、需給思惑が醸成されている。

 19年3月期の連結営業利益は21億8000万円(前期比2.75倍)を見込み、回復色を強めてくる。国内市場において、IP無線機や地域コミュニティー無線などが好調に推移し、海外では欧州向け海上用無線通信機器や、アジア向け陸上業務用無線通信機器が伸びている。北米事業は第3四半期(18年4-12月)に増収効果で営業黒字に転換するなど採算改善の流れにある。

 株価は、18年12月26日に昨年来安値1768円をを付けたが、その後は出直り波動に移行した。足元では、2055円-2335円のゾーン内でもみ合い商状ながら、日足一目均衡表上の「雲」上を保ち、先高期待は温存されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月24日(日)8時34分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン