ここから本文です

三菱UFJ、三井住友などメガバンクが軟調、FRBのハト派姿勢受け長短金利差縮小◇

3月22日(金)9時21分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
三菱UFJ 566.8 +1.7
三井住友F 3,801 +15
 三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> 、三井住友フィナンシャルグループ <8316> などメガバンクが軟調な値動きで全体指数の足を引っ張っている。前日の米国株市場ではFOMCでFRBの金融政策に対するハト派寄りの姿勢が確認され、大きく買い優勢に傾いた。しかし、米長期金利の先安感が強まり、長短金利差が2007年以来の水準に縮小したことからJPモルガンやバンク・オブ・アメリカなどの大手金融株は軟調に推移した。東京市場でも米国事業を手掛けるメガバンクは運用利ザヤの縮小懸念から売りに押される展開を余儀なくされている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:3月22日(金)9時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン