ここから本文です

米国株式市場:緩和的な政策の継続や経済指標を好感、NYダウが3日ぶり反発、ナスダックは5日続伸

3月22日(金)7時46分配信 モーニングスター

 21日の米国株式は、NYダウが前日比216.84ドル高の2万5962.51ドルと3日ぶりに反発、ナスダック総合指数が同109.991ポイント高の7838.959ポイントと5日続伸して取引を終了。出来高概算はニューヨーク市場が8億9015万株、ナスダック市場が23億9160万株だった。

 20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)終了後、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、19年中の利上げを見送り、9月末で資産縮小策を終了させると発表。20日のNYダウは、利ザヤの縮小が警戒されて金融株が下落したことで反落していたが、21日は一転して緩和的な政策の継続を評価する動きや、米3月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数がプラス13.7と、市場予想平均の同4.8を大きく上回ったことなどが好感された。。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、アップルやマイクロソフト、インテルなどが買われ、同指数の上昇を支えた。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、20日の大阪取引所終値比15円安の2万1415円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月22日(金)7時46分

モーニングスター

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン