ここから本文です

【ディーラー発】ポンド反発(NY午後)

3月22日(金)5時33分配信 セントラル短資FX

「EU側がメイ首相の協定案が英議会で承認を得られなかった場合、9ヶ月の離脱延長を検討」との一部報道を受け、ポンドの買い戻しが優勢に。ポンドドルが1.3003付近から1.3105付近まで、ポンド円が144円13銭付近から145円21銭付近まで持ち直した。一方、ドル円はNYダウが上昇幅を拡大したものの反応は鈍く110円80銭前後で揉み合い、他クロス円はユーロ円が125円90銭付近で、豪ドル円は78円80銭付近での小幅な値動きに終始している。5時33分現在、ドル円110.802-812、ユーロ円125.985-005、ユーロドル1.13704-712で推移している。

最終更新:3月22日(金)5時33分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン